2008年10月16日 (木曜日)

カテゴリー、「育児」

そうそうこないだね、宮崎でね、

おじいちゃん家の片付け作業をしている途中、
先日我が家に遊びにきた、いとこの娘(2歳&5歳)がやって来た。

2歳はおとなしく寝ていたのだけど、5歳はかけっこしよう!とかふざけたことを言ってきたので即答で拒否。なんか幼稚園でも速いらしい。やだよ、そんな子とかけっこなんて。

でもせっかく会えたしと思って、
段ボールたたみっこして遊んだ。

ゆきちゃん、(その子、ゆきみちゃっていうの。)
ここひっぱってごらーん。

とか、

ゆきちゃん、
この紐切れるかなー。はい、ちょっきん☆

とか、

このかたまりをあのお山まで運んでみよう!ほら!走れ!

とかね。

まんまとこき使うことに成功。
ふっ。子供って馬鹿だわ。

やっぱりまだ5歳だと不器用なんですねー。
大変そうだったけど、だいぶはさみが使えるようになった。

はさみの手渡し方は身に付いた。えらい。いい子。さすが私の姪。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ゆきちゃんはかっこいいんです。

「さっき大きい蜘蛛が何匹も出てきたんだよー(涙)」
って言ったら、

木が多いから仕方ないんだよ~

と諭されてしまった。
で、
はぁ、そうですね。とか言いながらゆきちゃんの手元見ると、
車に轢かれた大きなカマキリをつっついてた。
頭が潰れてるのよ。
しかも蟻んこがいっぱいたかっててんの・・・・。
蟻さんはところどころ喰いちぎって小さくするからちゃんと運べるらしい。うわぁ‥‥。

怖くないよー。

と言ってくるけど、カマキリ見てるのがいやなのでゆきちゃんを放置して逃亡。大丈夫。ゆきちゃんたくましいから。

昔バイト先の塾で、とかげを持ってきた小学生を思い出した。
彼女は逃げまどう私に
「怖くないよ、大丈夫だよ」
と励ましの声をかけ、とかげに触らせようとしたのでした。
イタズラじゃなくて、親切心っぽい感じだったから、余計タチが悪いっす。

ゆきちゃんがそんな子になりませんように。

| | コメント (4)