2010年3月 7日 (日曜日)

[DVD]アインシュタンロマン

Imgp4163

「アインシュタイン・ロマン」は遥か昔の「NHKスペシャル」で放映された番組。
このたびDVDになりました!
すかさず購入です(実は1月に届いてたよ)。

Imgp4160

アインシュタインの顔は、アインシュタインの顔でできている!!

Imgp4162

アインシュタインの頭の後ろに映っているのが、この番組でプレゼンターをつとめるミヒャエル・エンデ。

小学生の頃、くいいるように見ていた(らしい)。
内容は覚えてないけど、おぼろげにいくつかのシーンは頭に残っていて、
とにかく、すっごく面白かったのだけ覚えてました。

そのときに、アインシュタインみたいなことやりたいな〜と漠然と思ったのでした。
そしてほんとにそんなことできてるなんて、すごいですね。

そもそも小学生の私は、ミヒャエル・エンデが好きだったからこの番組を見たのです。
算数が苦手で国語が大好きな女の子でした。

今日はとりあえず1巻だけ見ました。
1巻はアインシュタインの思想に注目してて、相対論については紹介程度。
ただ重力レンズ効果の観測された皆既日食の写真の解説があって、ほほーうと思いました。
思想については、例えば、ルーズベルトへの手紙にサインするかどうか迷ってる頃撮影された、庭でうろうろするアインシュタインの姿が心に残りました。
(この手紙はアメリカ政府に核開発の軍事利用について進言するものであった。ナチスドイツに核兵器を作らせてはいけないというユダヤ人としての想いと、この進言によってアメリカに核兵器を作らせることになるのではないかという地球人としての懸念の間でアインシュタインは苦悩した。結局彼は、ユダヤ人であることを選んだ(アインシュタインはマンハッタン計画には関係していない)。)

2巻以降が早くみたいな。わくわく。

NHKスペシャル アインシュタインロマン DVD-BOXDVDNHKスペシャル アインシュタインロマン DVD-BOX

販売元:NHKエンタープライズ
発売日:2010/01/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2)

2009年8月12日 (水曜日)

カンフー・ダンク

見てしまった。
公式HP
見ながら何度も、えー!って言う。

感想:
少林サッカーはまともだった。
少林サッカーHP

| | コメント (0)

2008年6月17日 (火曜日)

パレスチナ1948-NAKBA-

公式HP
Nakba

※めずらしく真面目に感想書きました。嘘。ちょっと手抜き。

ある日本人ジャーナリストが40年にわたって取材した、
ユダヤ人によるパレスチナ人虐殺についての写真、映像(インタビュー、調査も含む)を映画にまとめたもの。

映像は本当貴重。あんなのなかなか見られない。目を疑うような情報ばかりで、衝撃的だった。
でも印象的なのは写真の力。一瞬を切り取る写真というのは、やっぱり特別な力があるもんだな。

1948年に起きた大虐殺のことをNAKBA(ナクバ)と呼ぶらしい。

「どうすればいいのだ」
という台詞を何度も聞いた。

私は知らないことが多すぎる。
知ったところで、全く理解できない。

私は、
絡まったイヤフォンというものは、力ずくではさらにきつく絡むばかりで、腰を据えてコードを辿ってやれば、ちゃんとほどけるのだということを知っているし、
それは私を取り巻くあらゆる問題とその解決方法のメタファーなのだと思っている。
だから、丁寧にイヤフォンをほどく時間が私は好きだ。

なんだけどねー、

無理だねー、パレスチナ。
もうお互い力の限りひっぱりあいっこしてるので、かたい結び目がいくつも出来ちゃって。

ところで、ホロコーストは有名だけど、ユダヤ人によるパレスチナ人虐殺の話は全然有名じゃない。ユダヤ人とパレスチナ人には圧倒的な力の差がある。地球規模の利害の絡まりを考えざるを得ない。誰かほどく気あるのかな。

どうすればいいのだ。

*************

構成がいいんだか悪いんだかわからない感じ。

最初は構成下手だなぁと思い、疲れたけども、
途中から前のが効いてきたり、同時に反対の立場のインタビュー流したり、
段々面白くなっていった。

 

| | コメント (6)

2008年6月 9日 (月曜日)

深夜の焼きそばは美味しかった。

テニスの欲求不満にさいなまれた私は
ゴルゴ13のアニメを見つけてしまいました。
見てしまいました。

ゴルゴが終わってしまい、しょうがないので、
アキバを舞台にしたよくわからんアニメで、
ピンクの髪の毛の女の子と一緒に、スペイン語を学んでしまった。
なんでもアキバのピュアなお兄さんたちを魔女か何かから守るらしい。
突然出てきた眼鏡の女神様が牛丼をたらふく食べることによって、魔女か何からしき女性のたくらみをつぶしたことになったみたい。
‥なんだったんだあのアニメは。

はい。
寝ればいいじゃんね。あきらめて。

明日から、また月曜日だ。
元気に学校行きましょうかね。

| | コメント (2)

2008年6月 6日 (金曜日)

パリ、恋人たちの2日間

公式サイト
080401_paris_2days_main_2

2年目カップル、フランス人のマリオンと、アメリカ人のジャックが
旅行の最後に寄ったマリオンの実家パリでの2日間。

監督・脚本・製作・編集・音楽・主演、ジュリー・デルピー!チャーミングな上に多才だね。美人美人。
エンドロールでは彼女の歌が聞けました。

マリオンはフォトグラファーという設定なので、写真がばばばと出てきました。

ジュリーさんいわく、「2年連れ添ったカップルがたった48時間で別れるとしたらどういうストーリーになるのか、別れをコメディにしたかった。」とのことです。
彼氏役にこの人選んで大正解だったと思う。いいカップルでした。
“妖精”が好きです。

面白かったです。笑ったりしょんぼりしたりにっこりしたりする映画でした。

| | コメント (2)

2008年5月 7日 (水曜日)

それでもボクはやってない

公式HP

145485_sp

ん〜!すっかり当事者の気持ちになってしまった。ドップリ。
やるなぁ。周防。

「無罪判決を下す=国家権力にたてつく」

という発想は、今迄全くなかったけど、そういわれればそうか、と思った。

痴漢冤罪事件の当事者が主人公の映画。

痴漢冤罪事件は日本の裁判制度の問題点が一番良く現れる事件なのだそうだ。

でも難しくない。主人公の気持ちになって疲れることはあっても、内容が難しくて疲れることはない。わかりやすい。そして内容に引き込まれる。
やるなぁ。周防。
あんな美人をお嫁にもらうだけある。と、大納得しました。

大森裁判官の役をした正名僕蔵(まさなぼくぞう)さん(写真は彼のHPより。)が、すんごく良かった。

※きもいという指摘があったので‥というかHPのプロフィール写真って載せてよかったのかわからんし‥という訳で、正名さんの写真は消しました!あしからず!

なんでも最初は傍聴オタクとしてオーディションに参加していたらしい。確かにオタクっぽくもある。

あと主役の加瀬亮の、横から見た鼻の形が奇麗。ハンサムさん。

| | コメント (5)

2008年5月 2日 (金曜日)

相棒 劇場版

相棒劇場版HP

Aibomove
相棒といえば、Fコーチ。
コーチは前売り券も購入済みという気合いの入りよう。
だてに相棒ファンを名乗っておりません。

5月1日映画の日。
それは相棒開幕日。

前売り券>映画の日

面白かったです。
水谷豊やっぱり素敵〜☆
なぜあんなにスイスイ謎が解けるんですか。

柏原弟、かっこよくなったなー!と思ってたら、兄だった。

先日の事件を思い出しました。

| | コメント (10)

2008年4月30日 (水曜日)

オリヲン座からの招待状

オフィシャルHP

Photo

宮沢りえはただただ美しく、純粋な女性でありました。
なーんか、よかったねぇ。奇麗な映画だぁ。映像もしっとりしてて。
泣き疲れた。

宇崎竜童かっこい〜〜☆渋ーーい!よーこすかよこはまー

ニューシネマパラダイスをしっとりさせた感じ。

| | コメント (0)

ブレイブワン

また映画書き忘れるところでした。

ジョディーフォスターのブレイブワンを見ました。
ブレイブワンHP

Brave_one

家族で見るとなると、洋画が多いです。

どんな映画かというと、
暴漢に襲われたジョディーフォスターが
恐怖で歪められた正義感から、行動を起こすという話。

問題提起してることは単純。
街には危険がいっぱいだってわかってんの!?だとか、
悪人を法で裁くことはできるのか?だとかそういうメッセージの映画です。

感想ですが、
ジョディーフォスターがとてもうまい。
とてもうまかった。
とてもうまいので、
感情移入しないように気をつけないと、と早い段階で決意しました。
あんな精神状態に共鳴してしまったら、
恋人への想いと、
夜道への恐怖で、
どうかなっちゃいます。話半分かつ批判的精神で見ましょう。
大丈夫かな、彼女。撮影疲れただろうなぁ。心配。いつもそうか。

あと、ジョディーフォスターが来てた鷲のTシャツ(写真)がかっこいい。欲しい。そして美人。顔が可愛い。

8a8dd879

あと、結末は、あーさの好みではなかった。えーどうなの。それでいいの。といった感じ。
話はたいしたことない。ジョディーフォスターにぞっとするための映画。

| | コメント (4)

2008年1月27日 (日曜日)

300

Dlwy16285_o_
公式サイト

これは、まあまあ!

| | コメント (2)